患者と歯科医療従事者の医療安全と感染制御・滅菌管理を追求する研究会

Advanced Care Dental Office
〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-26-9 VORT錦糸町駅前9階

Advanced Care Dental Office

03-5638-7438

Advanced Care 院内設備について

環境(部屋の空気・空調・治療用の空気・水)

部屋の空気〜クリーンエリアプラス〜

歯科治療は時としてチリやホコリそして空気中に浮遊するバクテリアをも遮断する環境が必要なことが多くあります。

特に体の内部や骨(コツ)を外界に露出させる口腔外科処置、歯周外科処置、インプラント埋入術においては注意を払わなければなりません。そのような手術を行なう際は小さな医院であっても大病院の手術室と同程度のクリーンな環境が求められます。

当オフィスの口腔外科処置、歯周外科処置、インプラント埋入術を行なう『クリーンルーム』には清浄度クラス10000のレベルの手術用空気清浄ユニット『クリーンエリアプラス』を完備しています。家庭用のものとはその性能はかけ離れた医療用高性能機種のものです。

手術用空気清浄ユニットは“清浄度クラス10,000”の清潔で安全な手術室をスイッチひとつで瞬間的に作り出します。口腔外科手術や歯周外科処置治等、観血的手術を行うには絶対に必要な設備です。

メインフィルタの高性能スーパーバイオフィルタで濾過されたクリーンエアは、ハニカムを通過してまっすぐな整流となり治療部位を確保し術野を超清潔な空間にします。そしてインジケータに風量が常時表示され確認する事が出来るようになっています。

空調(室温)

室温は春夏秋冬いつでも24度になるように空調をコントロールしています。

治療用の空気

治療用の水

水道管までは法的な規制があり無菌状態ですが、規制の無い建物やデンタルチェアーのホース内にはバクテリアが潜むバイオフィルムが存在しうるということと思われます。

欧米諸国では治療に使う水は厳しい規制があり安全が保たれています。残念ながら日本では何の決まりも無く対策を立てていなければほぼ間違いなくバクテリアは検出されるでしょう。

当オフィスの通常用いている治療用の水は世界で最も厳しいとされるアメリカOSHAの基準に準じて安全な水を供給しています。水道管直結とはせず安全で清潔な水を供給することができるボトル方式としています。ホース内にバイオフィルムが出来ない特殊なタブレットで生成された安全で清潔な水です。

歯の治療、外科治療(歯肉や骨の治療)に用いても問題ないことが証明されているアメリカでメジャーな方法として用いられている清潔で安全な水です。