患者と歯科医療従事者の医療安全と感染制御・滅菌管理を追求する研究会

Advanced Care Dental Office
〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-26-9 VORT錦糸町駅前9階

Advanced Care Dental Office

03-5638-7438

歯科 医療安全管理のための体制整備対策

当オフィスでの歯科医療安全は、単に事故を直視し防止策を講じるだけではなく、リスク学や経済学、倫理学などを総じて歯科医療安全を行っています。

リスク評価

事象に対してリスクがどれくらいあるのかを見積もります。

安全目標

その事象に対して求める安全レベルを決定します。

リスク管理

安全レベルを超えないように管理をし、また何かあった場合の備えをします。

コミュニケーション

この流れを分かりやすくエビデンスをつけて提示します。

以上を、PDCAサイクルを用いて安全であることを示しています。

ヒューマンエラー防止のための安全対策

医療安全 ヒューマンエラー

人は必ず間違いを起こします。なので、「間違えたくても間違えられない」また、「間違いようのない」システム作りがとても重要となっていきます。システムというのは環境であったり作業の流れで会ったり作業者の能力や状況も含まれてきます。

ヒューマンエラーは二つの壁で対策防止をします。

一つ目は環境など「間違えたくても間違えられない」システムでの防御。二つ目はバックチェックやフェールセーフなど「リカバリー」のシステムでの防護です。以上、二つの防御を用いて事故を防ぎます。

医療技術や知識の向上だけでは医療事故をなくすことはできません。医療事故の大きな要因である「確認を怠った」「観察を怠った」「判断を誤った」などは、直接的な医療技術(テクニカルスキル)とは異なる「ノンテクニカルスキル」にあたります。ノンテクニカルスキルの訓練により、医療エラーを約50%減らせると言われています。医療事故を防ぎ、医療安全を高めるためには、ノンテクニカルスキルのレベルの向上が欠かせないのです。

ノンテクニカルスキルには、「考える力」「伝える力」「決める力」「動かす力」の4つの体系があり、これらはノンテクニカルスキルの向上に必要な要素(状況の確認・意思決定・コミュニケーション・チームワーク・リーダーシップ・個人の限界)すべてに影響します。