患者と歯科医療従事者の医療安全と感染制御・滅菌管理を追求する研究会

Advanced Care Dental Office
〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-26-9 VORT錦糸町駅前9階

Advanced Care Dental Office

03-5638-7438

滅菌管理 払い出し滅菌保証宣言

  • 全ての治療器具は滅菌管理・滅菌保証されているものです。
  • 単回使用使用済み製品を再滅菌しての使い回しはしません。
  • 回し、迅速処理・フラッシュ滅菌は行いません。

払い出しリリース 滅菌管理・滅菌保証

完全予約患者来院数と急患予測来院患者数から余裕を持たせ1日予測患者来院数を総計10名と設定しております。

【歯科医師診療室】

滅菌管理 払い出し滅菌保証宣言

歯科医師診療室に常備されている基本医療器材セット、中に化学的インジケータがある。患者の目の前で開示され滅菌保証を一緒に確認します。

診療開始前時点で基本基歯科医療器材7セット、削る器械(タービン、エンジン、超音波)を6セット準備しております。加えて午前の滅菌作業開始から滅菌保証が4時間後に出ますので1日最大10名まで診療可能な体制となっております。

【歯科衛生士診療室】

歯科衛生士

歯科衛生士診療室に常備されている基本衛生士器材セット(各歯科衛生士4セット)、中に化学的インジケータがある。患者の目の前で開示され滅菌保証を一緒に確認します。

歯科衛生士診療は1日3名。診療開始前時点で各歯科衛生士専用に基本基歯科医療器材3セットずつ用意しています。加えて午前の滅菌作業開始から滅菌保証が4時間後に出ますので1日最大5名まで診療可能な体制となっております。

滅菌保証で払出し 滅菌管理研究会

始業前テスト運転でのインジゲータである、物理的インジケータ、化学的インジケータは滅菌器稼働終了時と同時に可否判定できます。しかしバイオロジカルインジケータ(BI、生物学的インジケータ)は滅菌器稼働終了後にアンプルを培養(オフィス導入製品は4時間判定、10時間正式記録)し判定を待たなければなりません。アンプル内の細菌が滅菌できたということを確認し、全てがテスト合格したことを確認しその後の滅菌器を通した器具器材は払い出しされ診療の場へと持ち込まれます。